CtoCプラットフォームの手数料を調べてみた

https://celebrity.blog2.mmm.me/mmmblog-entry-37.html

 
  • マーケティングチャネル

    マーケティングチャネルは、どのように流通しているのかを示す「流通チャネル」、販売に関わるプロセスを示す「販売チャネル」、製品・サービスについて消費者に必要な情報を提供する「コミュニケーションチャネル」の3つに分類することができます。

    モーク初心者安全ガイド(手数料について)


    タグ :

    CtoCプラットフォームの手数料を調べてみた

    - メルカリ(日本のCTOCの会社の1つ)★★★★★5つ星
    ホストから10%
    -クラウドワークス(手数料が高い) ★★★3つ星
    働き手の報酬に応じて5~20% 10万以下は20%、10万以上は10%、20万以上は5%
    - モバイルワークのモーク(オールジャンルのCTOCオンライン)★★★★★5つ星
    ホストからモノ8%、スキル10%、サービス12%、ゲストから6% グローバル展開、越境EC,海外販路拡大可能
    - ランサーズ ★★★4つ星
    働き手の報酬に応じて5~20%(110万円まで続く、売上上がるほど手数料安くなる)
    - ココナラ★★2つ星(手数料なんと25%)
    ホストのトークルームごとの販売総額に対して、手数料率を変更「1円〜5万円以下」の部分:25%「5万円超〜10万円以下」:20%「10万円超〜50万円以下」:15%「50万円超」:10%
    - スペースマーケット★★★3つ星
    時間貸しならホスト売り上げから30%、宿泊なら10%
    - Airbnb★★★★★5つ星
    宿泊の場合ホスト サービス料の3% ゲスト 予約料金の13%未満 (ホストのみ負担の場合、14~20%)体験の場合20%
    - Vacation Stay (楽天・LIFULLの宿泊・民泊サイト)★★★4つ星
    ホスト3%・ゲスト12%
    - ストアカ★★★3つ星
    ホストから手数料 自分で集客なら10%、ストアカの集客なら20%(売上が上がるほどキャッシュバックあり)
    - くらしのマーケット★★★4つ星
    20% 最低2000円〜 無料特典あり
    - ビザスク★★2つ星
    ゲスト支払いの30%がビザスクへ、70%が提供者へ
    - akkipa1つ星(売り上げの半分が手数料に)
    ホストの収益の50%以上
    - タスカジ1つ星(手数料がわかりにくい)
    大体25~40%くらい(わかりにくい説明にしてるけど)ホストのできる値段設定を3種類に限定(レビューや経験貯まった人は自由度が増やせる)
    - Anytimes★★★4つ星
    15%
    - 軒先ビジネス(軒先の空きスペースで物販や飲食店を開業するシェアリング)
    飲食なら20%、販売は35%
    - ecbo cloak★★★3つ星
    ホストから50%
    - Taimee★★★3つ星(手数料がなんと3割
    ゲスト(働き手)の報酬の30%を、ホスト(会社)に請求
    - CAMPFIRE★★★★★5つ星
    17%(12% + 決済手数料5%)
    - Readyfor★★★4つ星
    12%(7%+決済手数料5%)
    - タイムチケット★★★4つ星
    10~25%(チケット価格によって変動、価格が高いほど手数料安くなる)

    参照

    - スペースマーケット
    https://help.spacemarket.com/hc/ja/articles/115003745887-%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E3%82%92%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84#2

    - Airbnb
    https://www.airbnb.jp/help/article/1857/airbnb%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9%E6%96%99%E3%81%A8%E3%81%AF

    - Vacation Stay (楽天・LIFULLの宿泊・民泊サイト)
    https://airstair.jp/rakuten-lifull-vacation-stay/

    - ココナラ
    https://coconala-support.zendesk.com/hc/ja/articles/230180287-%E5%87%BA%E5%93%81%E6%89%8B%E6%95%B0%E6%96%99%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-%E9%80%9A%E5%B8%B8%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%93%E3%82%B9-

    - ストアカ
    https://www.street-academy.com/fee

    - くらしのマーケット
    https://help.curama.jp/hc/ja/articles/201416560-%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%96%99%E9%87%91%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-

    - ビザスク
    https://faq.visasq.com/qa/862/%e8%ac%9d%e7%a4%bc%e9%87%91%e9%a1%8d%e3%81%a8%e5%8f%97%e5%8f%96%e9%87%91%e9%a1%8d%e3%81%ae%e9%81%95%e3%81%84%e3%82%92%e6%95%99%e3%81%88%e3%81%a6%e3%81%8f%e3%81%a0%e3%81%95%e3%81%84%e3%80%82/

    - クラウドワークス
    https://crowdworks.jp/pages/guides/price/employee

    - ランサーズ
    https://www.lancers.jp/faq/T0003/626

    - akkipa
    https://www.akippa.com/faq/contents/id/92071995ad898db3b13d17c058b1bf5a

    - メルカリ
    https://www.mercari.com/jp/help_center/article/65/

    - タスカジ(手数料がわかりにくい)
    https://taskaji.jp/terms/PriceList

    - Anytimes
    https://www.any-times.com/user-guide#faq

    - 軒先ビジネス(軒先の空きスペースで物販や飲食店を開業するシェアリング)
    https://nokisaki-business.zendesk.com/hc/ja/articles/115001608468-%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%8C%E6%88%90%E7%AB%8B%E3%81%97%E3%81%9F%E5%A0%B4%E5%90%88%E3%81%AE%E6%89%8B%E6%95%B0%E6%96%99%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-

    - ecbo cloak
    https://intercom.help/ecbocloak/ja/articles/1976716-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC-ecbo-cloak%E3%81%A7%E5%BE%97%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%8F%8E%E7%9B%8A%E3%81%AF

    - Taimee
    https://taimee.zendesk.com/hc/ja/articles/360039118913-%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%96%99%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B-

    - CAMPFIRE
    https://help.camp-fire.jp/hc/ja/articles/115013873328-H-1-%E6%89%8B%E6%95%B0%E6%96%99%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

    - Readyfor
    https://readyfor.zendesk.com/hc/ja/articles/360031121192

    - タイムチケット
    http://help.timeticket.jp/articles/19386-%E6%89%8B%E6%95%B0%E6%96%99%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

    - CtoCオンラインのモーク
    https://mork.mmm.me/page/fees

    タグ :

    What is CTOC ONLINE?

    C2C, customer to customer, or consumer to consumer, is a business model that facilitates the transaction of products or services between customers.

    Consumer to consumer, or C2C, is the business model that facilitates commerce between private individuals. Whether it's for goods,skill or services, this category of e-commerce connects people to do business with one another. The other three categories of e-commerce are B2B (business to business), C2B (customer to business) and B2C (business to customer).

    A solid example of C2C transactions would be the classifieds section of a newspaper, or an auction. In both cases, a customer – not a business – sells goods or services to another customer. A more high-tech version of this is the rise of apps like letgo and OfferUp that allow consumers to sell to their neighbors. Letgo boasts 75 million downloads and 200 million listings since 2015.

    The goal of a C2C is to enable these relationships, helping buyers and sellers locate each other. Customers can benefit from the competition for products and easily find products that may otherwise be difficult to locate.

    Thanks to the internet, bigger intermediary companies have fostered more C2C interaction. The most prominent examples of C2C include eBay, an online auction site, and Amazon, which acts as both a B2C and a C2C marketplace. eBay has been successful since its launch in 1995, and it has always been a C2C. Anyone can sign up and begin selling or buying, giving an early voice to consumers in the e-commerce revolution.

    Editor's note: Looking for the right ecommerce website builder for your business? Fill out the below questionnaire to have our vendor partners contact you about your needs.

    Craigslist is another well-known site where people can buy and sell goods, as well as trade services. With more than 20 billion page views per month, this classifieds site creates a community feel in the C2C business model. Craigslist does not facilitate the payment or processing of money, however – it simply facilitates the relationships, whether between a landlord and potential renters, or someone seeking specific services and the expert who can provide them.

    Even Facebook Marketplace is in on the fun. It is now being used by 800 million people in 70 countries, and it only connects you to people in your precise location. According to the CEO Mark Zuckerberg, one in three people uses the platform. Its popularity might be attributed to the fact that it's free, when other services, such as eBay, take a 10 percent transaction fee on sales.

    C2C has several benefits for users. There are minimal costs involved with the lack of retailers and wholesalers, keeping the margins higher for sellers and prices lower for buyers. There is also the convenience factor – instead of trying to sell items in person at a brick-and-mortar store, consumers can simply list their products online and wait for buyers to come to them. Buyers don't need to drive around and search through stores for an item they want – they just search for it on a C2C site.

    Services are also available for sell through certain C2C programs. Mobile platforms have opened up the C2C field with a number of specialized service apps. Airbnb is a platform that allows users to post their residence for short-term lodging to other users for a nightly rate. Mork CtoC Onoine allows users to post a personal for-hire service for as low as $3. These services range from giving financial advice to graphic design.

    Most C2C sites make their money from fees or commissions charged to sellers for listing items for sale. C2C sites act simply as intermediaries, matching buyers to sellers, and they have little control over the quality of the products being sold. PayPal is a money transfer platform that's often used to facilitate transactions for C2C sales, usually charging a small transfer fee. But this market is also evolving, thanks to the rise of C2C payment platforms such as Venmo and Google Pay.

    Companies often try to prevent the sale of illegal goods or services, such as pirated CDs or drugs with a comprehensive selling policy. Violations of the policy can result in banning the user from further using the platform.

    But C2C is not without its problems. Credit card payments can be difficult, as the platforms are not necessarily secure and able to process such payments. There is a lack of quality control – since the sellers are consumers themselves, there is little recourse for poorly made or misrepresented products. On the flip side, because the buyers are consumers themselves, the payment guarantees can be hard to enforce.

    It's also worth noting that C2C platforms can be rife with scams. Opportunists have found workarounds to take advantage of others. If using a C2C platform watch out for sellers that are unable to answer detailed questions about items for sale, pressure you to buy immediately, won't accept cash or meet in person.

    how-to-use-free-buying-and-selling-with-mork-software


    タグ :

    今さら聞けない!CtoCオンラインを利用するメリットや注意点、サービス事例を紹介

    CtoCサービスの台頭はBtoCのサービスを展開している事業主にとっても見逃せない存在です。なかには、CtoCサービスを活用して、販路を広げたいと考えている企業や個人事業主もいらっしゃるのではないでしょうか。
    販路を広げる前に、CtoCとはどういった取引であり、どのような点に注意するべきかを把握しておく必要があります。

    今回は、CtoCの取引ついてメリットや注意点、CtoCサービスの事例を紹介します。消費税をかからずに取引ができるCtoCは、ビジネスとしても魅力的に映るかもしれません。ぜひ、この機会に基本的なところから学んで、自分の行っているビジネスに適しているのかを見極めましょう。
     

    CtoCオンラインとは

    そもそもCtoCとはどういった取引をいうのでしょうか。企業間取引であるBtoBや、企業と消費者の取引をさすBtoCという用語は聞いたことがあっても、CtoCの意味がわからない人もいるかもしれません。

    CtoCとは「Customer to Customer」の略称であり、消費者間の取引を指します。現実世界でも、フリーマーケットで販売している人が着古した服を購入したり、夏祭りで町内会が販売しているチョコバナナを買ったりといった消費者間の取引は行われています。

    それと同様に、ネット上でもネットオークションサービスやフリマアプリなどを通じて消費者同士の取引が行われるようになりました。こういったオンライン上で行う消費者間の取引はCtoC-EC」とも呼ばれています。

    CtoCのメリット/注意点

    では、消費者間で取引を行う場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。注意点とともに学んでいきましょう。

    消費者間で取引を行うメリット

    消費者間の取引でもっとも大きな特徴は消費税がかからないことです。『消費税法』第五条にて「事業者は、国内において行つた課税資産の譲渡等(中略)及び特定課税仕入れ(中略)につき、この法律により、消費税を納める義務がある」と納税義務者を定めています。

    そのため、企業や個人事業主などの事業者及び社団などの法人は消費税の納税義務が発生します。一方、消費者間の取引は消費税の納税義務からは除外されるため、消費税をかけずに取引が可能です。それだけでなく取引の間に中間業者を挟まないことで安い手数料を実現できるのもメリットでしょう。

    例えば、古本を中古ショップに持ち込むと、実際に販売する価格から、人件費や土地代など店側で発生する手数料や利益分を引いた価格で買い取られます。しかし、古本を自分の友人に直接販売しようと考えたらどうでしょうか。その際には手数料を差し引くことなく、自分の言い値での取引が可能でしょう。

    消費者間取引の注意点

    消費者間の取引は価格面でのメリットはありつつも、取引上の責任が免除されるわけではありません。

    「特定商取引法」や「景品表示法」など、BtoCのネットショップ同様の法律が適用されます。また、もし売買を行うために商品の購入・販売を行った場合は「古物営業法」にも触れる可能性があります。

    また、販売する側・購入する側のどちらでも取引上のトラブルに巻き込まれる場合もあるでしょう。実際に全国の消費生活センターには「落札したはずの商品が届かない」「未使用同然と書かれていた商品なのに実際は破れほつれがあった」「商品の購入者から、商品がすぐに壊れてしまったので対応して欲しい」などの相談が寄せられています。

    販売側も購入側も個人のため、こういった取引上のトラブルが発生した際は、訴訟や補償など自分で責任を取らなくてはいけないかもしれないので注意してください。
    なお、ヤフオク!の「お買いものあんしん補償」やモークの「安心プラス」のようにサービスの運営元によってはトラブル発生時の補償プランが用意されている場合もあります。

    how-to-find-the-most-rewarding-work-from-home-employment

     


    タグ :

    C2C CtoC MMMオンライン

    Consumer to Consumerの略。インターネットの普及で変化した企業と消費者とのかかわり方を端的に表現するために生まれた用語の一つであり、「一般消費者と一般消費者の間の取引」を意味する。インターネット外においてはフリーマーケットなどが同様の商取引であると見なされる。同カテゴリの語には「B2B」「B2C」などがある。「B」は「Business」(企業)、「C」は「Consumer」(一般消費者)の頭文字である。


    CtoC, C2Cはインターネット時代になってから大々的に行われるようになった商取引形態で、ネットオークションがその典型となる。また、同人コミックなどの商品を集め、ダウンロード販売するネットショップも、出品者の立場から見ればC2Cに属する。近年、個人レベルでもネット上のショッピングカートサービスをレンタルし、気軽に物品販売を行えるようになっており、オンラインCtoCとB2Cとの間にはっきりとした境界線を設けることが難しくなりつつある。個人間の取引の場合、代金の決済がネックとなることが多かったが、オークションを開催・運営する事業者や運送業者が代金決済の仲介を行うことにより、取引の円滑化が図られるようになった。また、PayPalなどの個人間でのオンライン決済システムを提供する業者も登場し、オークションやそれ以外の個人間定額取引が今後より発展することが期待されている。

    CtoC.ONLINE MORK MMM

    タグ :
     X 閉じる
    MORK