• 一般消費者間での電子商取引。Consumer to Consumerを略して、「CtoC」や「C2C」などと呼ばれる。代表的なCtoCの例としては、CtoCオンラインでの取引が挙げられる。
  • インターネットを通じて契約や決済などを行う電子商取引の一つで、一般消費者同士が物品(モノ)デジタルやハンドメイド(スキル)対人サービスなどの売買を行うこと。Consumer to Consumer(コンシューマーツーコンシューマー)の略語で、C2C,CtoCとも表記する。ネット,スマホの普及とともに、消費者と消費者とが簡単に物品の売買ができるようになったことを象徴する名称であり、CtoCオンラインが典型的な事例である。
  • オンラインCtoCの例としては、個人売買を行う販売サイトを簡単に運営できるように、決済システムを含めたオンラインショップの仕組みを提供して利用料を徴収するケースがあり、このような運営者はCtoC事業者とよばれている。また、個人向けのオンライン決済に対応するペイパルPayPalのような業者も登場しており、一般消費者であっても容易にオンラインショップの電子決済や運営ができるようになってきた。代金の決済を業者が仲介するケースも増え、本来の消費者同士の売買ではない形に変わりつつあるものの、決済情報や個人情報の管理の面では安心感が増し、流通システムとしても定着している。

タグ :